■■日々精進■■

アクセスカウンタ

zoom RSS 216FAT&216SX 冬山タイヤテスト!

<<   作成日時 : 2018/02/13 13:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連休の初日にタイムアタックという名のタイヤテストに逝ってきました!(笑)
あのジャービスが選択しているこのパターンでガッツリとガレ場を走ってみたかったので、「R2」の野田君にGooglemapにも載っている廃道を案内してもらいました。

画像


画像

今回のタイヤは「CHEATER」ではなくて、「SHINKO」のフロント「216MX(ファットタイヤ)」とリヤは「216SX」です。

画像

画像


岩盤や木の根にマディの土が載って、かなり滑りそうなコンディションだったのですが、トップライダーの愛用パターンは最強でした。
路面は程よいガレ場から滑る倒木に積雪もありで、凍っている場所もあって、タイヤテストには最高のコンディションでした。

216はFIM規格なので、ブロックの山が低くくて、少し心配していたのですが、全く問題がないというよりも、逆にこの低さがガレ場や倒木でのグリップ感というか、路面の掴んで離さない安心感を与えてくれています。

フロントもリヤもトゲタイヤやパドルタイヤのような刺さる接地感ではなく、張り付くような接地感でなのでグリップの変動が掴みやすくコントロールしやすいと感じました。

凍った箇所でも信じられないくらいのグリップで、激マディの路面やフカフカの腐葉土以外ならこのタイヤが最強だと確信しました!(激マディやフカフカの腐葉土には540DCがあるから!)

何回かタイムアタックして、ある程度のタイムは出せたのですが、ウエットではそれなりなので、ドライの時に再度アタックしたいと思います。

画像

画像

併せて、真砂土岩盤のヒルクライムでもテストしたのですが、どこでも登って笑いが止まりません!(笑)

画像

下りで遭難しかけたのは愛嬌ですが、私の中ではハード路面でのテクニカルなら「216ファット」&「216SX」、マディ路面でのテクニカルなら「540」&「540DC」で決まりました!

ヘルカムではガレ場や斜度が伝わりにくいと思いますが、せっかく撮影したので暇な方はご覧ください!

登り


下り

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
216FAT&216SX 冬山タイヤテスト! ■■日々精進■■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる