■■日々精進■■

アクセスカウンタ

zoom RSS SSER参戦記A(事前準備の話)

<<   作成日時 : 2014/11/06 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう忘れかけているのですが、とりあえず続きです。

参戦を決めてからも御所での「RIDE3」、愛知のオフロード走行会「祭り」、幸楽での「大人の遠足」や関西「JEC」とイベントが一杯で、8月からSSERの準備に取り組みました。

まずは走り込みの前にマシン作りなのですが、「ハードED走破力重視仕様」から「林道ハイスピードナイトラン仕様」にしていきます。

ある程度のことはわかるのですが、プロに任せたほうが早いし確実なので、まずは電装系強化のため共通部品と教えてもらった、KTMの強化ステーターキットを入手して、自走で8月初旬に四国のM’s親分の所に駆け込みました。

後日、電圧計を取り付けると14.8〜9Vまで強化できているのがわかりました。
HIDのステーをCHRISTINI用に加工し、ナイトランを開始したのですが、九州で一人で走っても今ひとつ納得できる走りにならないので、お盆後半に「山P」を誘って四国に渡りM’s合宿を開催して貰いました。

初日はいつもの南予を走ってサスセッティングとHID調整でした。

ステップ、ハンドルポジション、サスセッティング等、自分なりに前後バランスを調整したつもりだったのですが、今ひとつ気持ち良く曲がれず、途中でハンドルポジションを大きく変えたり、走るたびにサスを調整します。

MARさんのバイクはコーナー進入のブレーキだけで向きが変わる林道スペシャルセッティングなので、同じセッティングを目指して調整するのですが、中々うまく決まりません。

リヤの高速側ダンパーを締め込んで少し後が高い状態を維持できるようにして、少し曲がりやすくなったのですが、それ以上は調整が難しかったので、後はタイヤと腕力で曲がることにしました。

夕方近くにHIDの配線から煙が出て、メインのHIDが着かなくなったでHIDに調整は次回になり、曲がるイメージを作って初日は終了です。

2日目は久万に移動して実際に走る林道で練習しました。

1〜2回来たことがあったのですが、何となくしか覚えておらず、SSで使われる林道を案内してもらいますが、「ほうじが峠」は長過ぎて覚えられるレベルではありません。

「大谷線?」の林道は何となく前回走行したときの記憶が残っているのですが、曖昧なので、高速林道の区間を走り込んでいると、お約束の「側溝落ち」でチェーンガードが曲がってしまい、危険なコーナーを覚えることが出来ました。

2日間の走り込みで、何となく曲がるイメージは出来たのですが、レースで攻め込むと難しそうです。
それと、マシンの燃費が異常に悪く、タイヤの消費も激しい事が今更ながら判明しました。


9月の第1週までが久万高原を走行できるので、九州からつゆちゃんと関西からたーくんを招集して、再度久万高原「M’s合宿」、を開催しました。

初日はM’s親分が仕事だったので、つゆちゃんが久万高原の林道に詳しい「ながちゃん」に案内をお願いして走りました。

お盆の時には台風の影響で荒れていた路面や水切りの溝が整備されていたので、さすが林道の盛んな四国は道路整備が早いと思っていたのですが、2日目にM’s親分の後ろを走ると路面のギャップは激しいままで、自分のペースで走ると速度が遅いのでギャップが緩く感じただけでした。

タイヤをローテーションして2日間で250キロくらい走ったのですが、ほぼ坊主状態で、SSERの4ステージではステージ毎にタイヤ交換したいくらいです。

最後の合宿で久万高原の林道をヘルカムで撮っておけばよかったと後悔したのですが、九州の戻って、以前のM’s合宿のヘルカムのチェックして見ると途切れ途切れですが「大谷線?」全区間と「ほうじが峠」の一部が撮影してあるのがわかったので、日々ヘルカム動画を見てはイメージトレーニングしました。

九州に戻ってからも近くの林道を走り込んで曲がれるイメージを作っていたのですが、やはり距離が短いので、9月末に再度四国に渡り、いつもの南予周辺でM’s合宿を開催してもらいました。

最後なので無理はせず、初日はナイトランで軽めに走ってHID調整のつもりが草むらの隠れワダチにやられて滑走してしまいましたが、力が抜けたら身体も動くようになり、2日目も調整メインでキッチリ走って最後の合宿をおえました。

ハードEDでは最強の「ノグチシート」が林道ハイスピード走行ではシートがグリップし過ぎて体の移動が大変なので、急遽CRFのノーマルシートを入手しました。

フラットで程よいグリップのシートは移動しやすく最前部にも座りやすいのでコーナーリングしやすいのですが、「ノグチシート」に慣れたお尻に、元々座りっぱなしに設定されていないMX用のシートフォームは辛すぎます。

お尻が4つに割れそうなのですが、コーナーリング重視で我慢するしかありません。


本番レポは結果がわかってるので短くなると思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SSER参戦記A(事前準備の話) ■■日々精進■■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる